自分にピッタリの職だと思えた医療事務

以前5年程、医療事務として働いていた経験があります。
きっかけは医療事務講座を受講したことからでした。
30歳で結婚して転職先を探していたのですが、なかなか見つからず、
そんな時、医療事務講座の受講生募集の広告を見つけ、スキルを身につけるのもいいかと思い、この世界に飛び込むことになりました。

講座自体は、3ヶ月程度通学して修了。
その後すぐに勤務先の病院をその医療事務学校の方から紹介してもらえたので、就職もスムーズでした。

勤務先は総合病院で、2週間研修期間が設けられていました。
外来クラーク、受付、カルテ庫、会計などの部署を順番に体験していきました。
そして最終的に配属されたのは、内科の受付。
丁度内科クラークが人手不足だったとのことで、配属されたようでした。

内科での仕事は、とにかく忙しかったです。
8時半から17時半までのフルパートとして働いていました。
仕事内容は、午前中は予約患者さんの受付や診察室への案内、カルテ作成、書類作成など。
内科は他の科以上に診察室の多い科なので、受付もひっきりなしに患者さんが訪れます。
新患の人数も多いので、予想外に忙しいことがほとんどです。
その分クラークの人数も多めに配置されていますが、それでも人手が足りないぐらい忙しかったです。
椅子があっても座れず、1日中立ちっぱなしでした。

他の科だと、診察が終了する午後は落ち着いた雰囲気で業務にかかれるのですが、内科はそうはいきませんでした。
午後でもまだ診察が終わらない科もあったからです。
それぐらい患者さんの数が多い科でもありました。

患者数が多い分、翌日の準備も大変でした。
午後は次の日のカルテの準備や病名入力などをするのですが、
受付もしながらそういった業務もしていたので忙しかったです。
そのため、内科のクラークになるのを皆嫌がっているところもありました。

ですが、私は暇で時間を持て余しているよりも、
忙しい方がやりがいがあっていいと思っていたので、内科クラークになれてよかったです。
私が積極的に内科クラークの仕事をこなしているのを見た上司からは、
その頑張りを認めてくれる言葉をかけてもらえました。
仕事で頑張りを認めてもらえたのは本当に嬉しいことで、ますますやる気が湧いてきました。

特に深く考えず医療事務になりましたが、私にピッタリの職だったのかもと思えたぐらいでした。
現在は残念ながら病気をして休職していますが、またいつか病院で働きたいと思っています。
医療事務という仕事は再就職もしやすい職種だと思うので、この仕事を選んでよかったと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です